ハイローオーストラリア初心者

ハイローオーストラリアのプロトレーダーは存在する?専業になるために必要なこと

中山
中山
「トレードだけで月100万円くらい稼いで生活していきたいな・・・」

このように思っている方も多いのではないでしょうか。
投資家と言えばお金持ちのイメージが強いですからね。

たしかに、トレードだけで生活したいという夢は素晴らしいですが、現実はそんなに甘くありません。
今回はハイローオーストラリアのプロ(専業)トレーダーについて解説していきます。

当ページで分かること
  • ・ハイローオーストラリアのプロトレーダーは存在するのか
  • ・プロ(専業)トレーダーになれる人の条件
  • ・プロ(専業)トレーダーをおすすめしない理由

このような内容で進めていきます。

中山
中山
誰しもが憧れるトレーダーという職業ですが、現実はそんなに甘くないので、この記事を読んでどれだけ大変なことかを知っておきましょう!

プロトレーダーの第一歩、口座開設方法は、下記を参考にしてみてください。

ハイローオーストラリア新規口座開設方法を詳しく丁寧に解説!これを読めばすぐできます!ハイローオーストラリアの口座開設方法をわかりやすく丁寧に紹介します。当ページを参考にしていただければ最短5分程度で完了することができます。口座開設ができない方の対処法やQ&A集もありますのでチェックしてみてください。ハイローオーストラリアで口座開設をして取引を始めましょう。 ...

ハイローオーストラリアのプロトレーダーは存在するの?

結論から言うと、プロトレーダーは存在します
ただ、バイナリーオプションのトレーダーに、プロやアマチュアという概念が存在しませんので、ここでは、専業トレーダーのことをプロと定義します。

バイナリーオプションは、他の投資と比べても、利益率が高いので、稼ぎやすい投資と言えるでしょう。
株式投資やFXの場合は、利益を年利計算で考えることがほとんどです。元本に対して、年利20%でも稼げたら十分でしょう。

中山
中山
バイナリーオプションは、1勝あたりの利益も大きいし、取引時間が短いことから、日利20%も可能な世界だよ!

プロ(専業)トレーダーになれる人の条件

誰でもハイローオーストラリアのプロ(専業)トレーダーになれるわけではありません。
いくつかの条件がクリアできていないと非常に危険です。

  • ・安定した利益が現状ある
  • ・貯蓄がある
  • ・トレードで生活していく覚悟がある

最低でもこの3つは必要でしょう。

安定した利益が現状ある

当たり前ではありますが、現状で安定した利益が出ていないのに、仕事をやめて専業トレーダーになるのは絶対NGです。

どれだけ勝つ自信があったとしても危険ですので、安定した利益が出てから検討するようにしましょう。
また、一般的な仕事と違い、トレードは不安定です。

仮に今月100万円稼げたとしても、来月マイナス100万円になる可能性もあります。

できるだけ長い期間で利益が出せているかも重要な条件と言えるでしょう。

貯蓄がある

現状の利益だけではなく、貯蓄も大切です。
先ほども言いましたが、トレードは不安定だからです。

中山
中山
貯蓄があるか・ないかでトレードでのメンタルが大きく変わってしまいます・・

貯蓄がない状態でトレードしていると、
「このトレードに負けてしまうと今月の生活がやばい・・・」
と、私情を持ち込んでしまいます。

投資は、長い期間のプランを立てることが大切ですが、私情を持ち込んでしまうと、どうしても「早く取り返したい」と思ってしまい、ギャンブルとしてバイナリーオプションを見てしまいます。
運任せでトレードをしてしまうと、どんなに勝率の高い手法を持っていても負けてしまうでしょう。

精神的に安定した状態でトレードするためにも、ある程度の貯蓄は必要になります。

トレードで生活していく覚悟がある

最後に、トレードで生活していく覚悟があるかということ。

今の仕事をやめて、トレードだけで生活していくとなると、それなりの覚悟が必要になります。
毎月、安定した収入が必ず入るわけではないですからね、

万が一、1ヶ月、2ヶ月、マイナスで収入がなくなっても、プロ(専業)トレーダーとして活動する覚悟があるなら検討してみても良いかもしれません。

プロ(専業)トレーダーってどれくらい稼いでいるの?

みなさんが気になるのは、「プロ(専業)トレーダーがどれくらい稼げるのか?」ではないでしょうか。

結論から言うと、月30万円〜月数千万円まで人それぞれです
ハイローオーストラリアで月に数千万円も稼ぐ人がいるのですから驚きですよね!!

平均的には、月50万円〜100万円程度が多いようです。
月収30万円でも、一応、専業でやっていくことは可能ですが、やはり収入が不安定でいつ、マイナスになってしまうかわからないので、ある程度、多めの収入がないと専業になるのが不安に感じる人が多いですね。

月収50万円と聞くと、不可能な収入に思われがちですが、利益率が高いバイナリーオプションだからこそ達成可能な数字です。

中山
中山
1ヶ月の平日を20日だとすると、1日あたり25,000円の利益。
これは3万円BETしていたら、1勝すれば達成できると言う計算になりますからね。

人それぞれで目安が異なりますが、月収50万円〜100万円が3ヶ月以上達成できているのであれば、プロ(専業)トレーダーになることを検討しても良いかもしれませんね。

ただ、中山はプロトレーダーになることはおすすめしていません。

プロ(専業)トレーダーをおすすめしない理由

ハイローオーストラリアのプロ(専業)トレーダーはおすすめしません。
なぜなら、高リスクですし、兼業でも十分稼いでいけるからです。

プロ(専業)になるということは、それだけで生活していくということ。
逆に言えば、もし、調子が悪くて月単位でマイナスということもあり得てしまうのです…。

そのような感情でトレードをしてしまうと、メンタルが崩れやすくなってしまい精神的に不安定になるでしょう。

やはり、兼業で毎月、安定した給料がある状態でトレードをする方が安心してトレードができます

実際、ハイローオーストラリアでトレードをしている人で、安定して稼げている人は1割程度と言われています。
つまり、9割の人が稼げていないのが現実です・・。

上がるか・下がるかを予想する単純な投資なのですが、やはり簡単にお金が稼げるほど甘くありません。
ほとんどの人が稼げていない世界でいきなり仕事をやめて、プロ(専業)になることは、危険ですのでやめることをおすすめします。

まずは兼業トレーダーになろう

「ハイローオーストラリアで稼いでいきたい」と思った方は、まず副業・兼業トレーダーから始めましょう。

やはり、ハイローオーストラリアの醍醐味といえば、トレード時間が短いことですよね。
30秒や1分後には勝負が終わります。

つまり、株式投資やFXのように、常にパソコンの前に座って相場を確認しておく必要がないのです。
なので、プロ(専業)トレーダーとして1日中相場をチェックする必要がなく、自分がトレードしたい時だけ相場をチェックすれば良いのです。

ですので、いきなりプロ(専業)になったりせずに、まずは仕事を続けて、副業として安定した収入がある状態でトレードを始めてみることをおすすめします。

ハイローオーストラリアの副業は成り立つ?バレない?実際にやってみて感じたことハイローオーストラリアは副業におすすめできるものです。基本的にHighlowは投資になり副業には該当しませんが確定申告の方法を間違うと会社にバレることもあります。k会社にハイロードットコムからのお金がバレたくない方は当ページを参考にしてください。...

まとめ

今回は、ハイローオーストラリアのプロ(専業)トレーダーについて解説しました。

バイナリーオプション業界には、プロトレーダー、アマチュアトレーダーという概念がありませんので、この記事では、バイナリーオプションだけで生計を立てている専業トレーダーをプロトレーダーと定義しました。

ハイローオーストラリアのプロ(専業)トレーダーになるための条件
  • ・安定した利益が現状ある
  • ・貯蓄がある
  • ・トレードで生活していく覚悟がある

この3つでした。
ただ、プロ(専業)トレーダーになることはおすすめしません。
やはり、トレードだけで生計を立てていくというのはリスクが高すぎます。月に100万円稼ぐことができる反面、逆に、マイナス100万円になる可能性もありますからね。

ですので、まずは、兼業で安定した収入がある状態でトレードしてみることをおすすめします。

highlow.com(ハイローオーストラリア)

ハイローオーストラリア

オススメ度
サポート
使いやすさ
信頼度
ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者の中で断トツでNO.1といえる業者です。口座開設者数も増え続けているのであなたも始めてみませんか?
無料口座開設はお済ですか?

ハイローオーストラリアを始めようか迷っている方は、とりあえず無料の口座開設をしてみましょう。

口座開設だけしておけばもしすぐ始めたいと思ったときにすぐに取引を始めることができますよ。

口座開設の流れはこちらにまとめています。

口座開設の流れハイロー公式ページ

※ハイローオーストラリアの口座開設は最短3分で終わりますので、すぐに開設する流れと本人確認の流れなど参考にしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です