ハイローオーストラリア初心者

ハイローオーストラリアのチャートがずれるわけ!対処法は2つ

当ページでわかること
  • ・ハイローオーストラリアのチャートの配信元はFXCM社
  • ・ハイローオーストラリアのチャートはmt4とずれる5つの理由
  • ・チャートのずれへの対処法

「ハイローオーストラリアとMT4のレートが全く違う」、「MT4のチャート上では勝っているはずなのに実際に取引では負けている」という経験をした人も多いのではないでしょうか?

本記事では、ハイローオーストラリアとMT4のチャートがズレる理由、そしてその対処法について徹底的に解説していきます。

多少のレートのズレによって稼げるか・稼げないかに大きく影響しますので、ぜひ最後まで読んでいただき対策してください。

ハイローオーストラリア公式ページはこちら

ハイローオーストラリアのチャートの配信元はFXCM社


バイナリーオプション業者は、MT4業者のレート、もしくは独自のレートを使用して、取引の判定を行います。

ハイローオーストラリアの場合は、FXCM社とレバレート社のレートが配信元となっています。(BitMEX社は仮想通貨のレート配信元)

2社のレートをどのように使い分けているかは、定かではありません。

ハイローオーストラリアのチャートはmt4とずれる?

highlowのレート元
通貨の価値は世界共通のはずなのに、なぜハイローオーストラリアのチャートとmt4がずれてしまうのでしょうか?

主に考えられる理由は以下の5つです。

チャートとmt4がずれる5つの理由
  • ・スプレッドが乗っているため
  • ・スリッページが発生しているため
  • ・HighLowのレート元のMT4を使用していないため
  • ・チャートを見ている端末が違うため
  • ・ネットの接続状況の悪化・遅い

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

スプレッドが乗っているため

まず最初に考えられる原因は、スプレッドが発生するためです。

スプレッドとは

スプレッドとは、HighLow取引において生じる価格差のことを指します。

スプレッドはFXのイメージが強いかもしれませんが、最近では業者側が儲けやすくするためにスプレッドが発生することが多いです。

ハイローオーストラリアでスプレッドが発生した瞬間はこちら。

枠で囲った3つの判定時刻のレートをご覧ください。

左から

  • ・129.643(赤枠)
  • ・129.647(青枠)
  • ・129.638(ピンク枠)

1つの判定時刻に一定金額以上のエントリーが入ると他の判定時刻との価格差が生じてしまいます…。

仮に、129.640のレートでLowエントリーをした場合、ピンク枠の判定であれば勝っていることになりますが、赤枠と青枠の判定では本来勝っているはずなのに負け扱いになります。

このように、ハイロ―オーストラリア独自のルールでスプレッドが発生してしまう為、MT4とのズレが生じてしまうのです。

ハイローオーストラリアのスプレッド取引に関する情報は下記を参考にしてください。

ハイローオーストラリアのスプレッドとは?2種類のスプレッド取引を理解して取引してみようスプレッド取引は予想が難しい取引です。その代わりペイアウト率が高めに設定されている為稼ぎやすいとも言えます。ハイローオーストラリアのスプレッド取引について理解して取引してみて下さい。...

スリッページが発生しているため

ハイローオーストラリアでは、急な値動きやたくさんのエントリーが同タイミングで被ったときにスリッページが発生します。

それは、トレーダーがエントリー注文した情報がハイローのサーバに送られ、その情報が約定するまでのライムラグが発生することが主な原因です。

このタイムラグによって、ハイローオーストラリアのチャートとMT4のズレを発生させているとも考えられます。

特に、急な値動きが発生するときはこのズレが大きくなる傾向にありますので、確認が必要です。

HighLowのレート元のMT4を使用していないため

MT4によって細かいレートが異なることはお伝えしましたが、ハイローオーストラリアは、FXCM社とレバレート社のレートを採用しています。

MT4のレートは、配信元(レート提供会社)からレートを提供してもらい、それを表示させています。そして、その配信元であるレート提供会社は、価格を独自に決定しているんです。

レートを提供している配信元が異なっていれば、当然MT4の価格にもズレが生じます。

仮に、自分が使用しているMT4と、ハイローオーストラリアの配信元(レート提供会社)が異なればズレが生じるのは必然です。

特に深夜帯は、これが原因でズレが生じることが多くなります。

チャートを見ている端末が違うため

チャートを見ている端末が違うことでズレが生じている可能性もあります
MT4はパソコンだけではなく、スマホやタブレットでも見ることができます。

やはりスペックを考えると、パソコンよりもスマホやタブレットでチャートを見るとズレが生じることが多いようです。

スマホやタブレットの場合、更新が遅れたり、ネット環境によって動作が重くなったり…。
パソコンと比べても、まだ使いづらさが残っています。

チャートのずれが気になるのであれば、スマホやタブレットではなくパソコンを使用することをおすすめします。

ネットの接続状況の悪化・遅い

ネットの接続状況の悪化・遅いことが原因でズレることもあります。

要はネットの回線速度が遅いことが原因でレートの更新が遅れその結果、レートがズレているに感じてしまうのです。厳密には、更新の遅れなので、実際にレートがズレるわけではありません。

特にマンションや集合住宅にお住まいの方で一括の回線を使用している場合、時間によって回線速度が大きく変わるので注意しなければなりません。

ネットの回線速度をこちらで計測してみてください。

  • 最低限:30 Mbps〜
  • 推奨:100 Mbps〜

バイナリーオプションのような短期取引はネット環境を整えることは大切です。1秒の遅れが勝敗を分けることがありますからね。

チャートのずれへの対処法

ハイローオーストラリアのレートとMT4のレートのズレが生じる原因はたくさんあることがわかって頂けたと思います。

では、このチャートのずれをどうすれば対処できるのか。対処法について解説していきます。

チャートのずれへの対処法
  • ・スプレッド取引をしない
  • ・mt4を再インストール&再起動

スプレッド取引をしない

1つ目の対処法は「HighLow」取引をせず「Turbo」で取引をすることです。

ハイローオーストラリアには、大きく分けて「HighLow」と「Turbo」の2つの取引オプションが存在します。

「HighLow」は、前述した通りトレーダーにとっては不利なスプレッドが発生してしまいます。一方、「Turbo」は、人によって判定時刻が決まっていないのでスプレッドが一切発生しません。

そのため、どうしても、スプレッドが気になるという場合は、「Turbo」だけに絞るというのも一つの選択肢になります。

「HighLow」と比べて、通貨ペアが少なくなってしまいますが、スプレッドが発生しないことで勝率が上がるというメリットもありますので、一度試してみることをおすすめします。

mt4を再インストール&再起動

2つ目の対処法はmt4を再インストール&再起動することです。

簡単にいうと、「ハイローオーストラリアと同じ配信元(レート提供会社)のMT4を使う」ということですね。

前述した通り、ハイローオーストラリアでは「FXCM社」「レバレート社」のレートを採用しています。その同じ配信元を使えばズレを極限まで抑えることができるということです。

どちらかというと、FXCM社の方が使いやすいのでおすすめです。

もし、この2社以外のMT4を使っているのであれば、ぜひFXCMのMT4を再インストールしてみてください。

【FXCMのダウンロードはこちらから】

ハイローオーストラリアも合計2社のレートを採用しているので、完璧にズレを失くすということは難しいかもしれませんが大きなズレはなくなるでしょう。

まとめ

今回は、ハイローオーストラリアとMT4のチャートがズレる理由、そしてその対処法について解説してきました。

基本的にハイローオーストラリアとMT4のチャートがズレる理由は以下の5つが考えられます。

チャートとmt4がずれる理由
  • ・スプレッドが乗っているため
  • ・スリッページが発生しているため
  • ・HighLowのレート元のMT4を使用していないため
  • ・チャートを見ている端末が違うため
  • ・ネットの接続状況の悪化・遅い

どれだけ対策しても、多少のレートのズレは生じてしまいます。

FXCMのMT4を使用したり、ネット回線を見直しすなど、自分でできる対策をしていれば、大きなズレが生じることはないので不安に思う必要はないでしょう。

無料口座開設はお済ですか?

ハイローオーストラリアを始めようか迷っている方は、とりあえず無料の口座開設をしてみましょう。

口座開設だけしておけばもしすぐ始めたいと思ったときにすぐに取引を始めることができますよ。

口座開設の流れはこちらにまとめています。

口座開設の流れハイロー公式ページ

※ハイローオーストラリアの口座開設は最短3分で終わりますので、すぐに開設する流れと本人確認の流れなど参考にしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です