ハイローオーストラリア攻略

ハイローオーストラリアで勝てない原因はこれ!勝つためにやるべきこと3選

「ハイローオーストラリアで勝てない」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

投資はいつでもプラスになる訳じゃなく、損失が出るのは当たり前です。

でもハイローオーストラリアで勝率が低い・負けてばかりという人は、根本的な原因を改善しないまま取引を続けている可能性があります。

勝てない時はなぜ勝てないのか原因を分析して対策を取るだけでも、勝率アップが期待できるのです。

当ページで分かること

ハイローオーストラリアで勝てない原因
勝つためにやるべきこと

勝てない原因はこれ!当てはまってないか見てみよう

勝てない原因はこれ!当てはまっていないかみてみよう

まずは勝てない根本的な原因をご紹介します。
ご自身が当てはまっている場合は、少しずつ改善していきましょう。

分析を勉強しない

まず、一つ目は分析を勉強していないことです。

ハイローオーストラリアは2択なので、確かに50%の確率で勝つことができます。

でも面倒くさいからと分析をせずになんとなく勘だけでエントリーをしても、連勝し続ける可能性はありません。

ハイローオーストラリアで勝つためには勝率「54.05%」が必要だと言われています。

分析もしない・戦略も立てていない状態でエントリーを続けても勝てないのは当たり前なのです。

ハイローオーストラリアの勉強方法に関しては、私が実践しているものをまとめてますのでこちらをチェックしてみて下さい↓

ハイローオーストラリアするなら勉強は必須!私が実践してる勉強方法を教えますハイローオーストラリアをするなら勉強は必須です。私が実際に行っている勉強方法を4つ紹介します。実際に実践してみて下さい。バイナリーオプションに必ず活きてくるはずです。...

資金管理をしていない

投資では資金管理は絶対に必要なことです。

ハイローオーストラリアで勝てない人のほとんどが、まったく資金管理をせず行き当たりばったりでエントリーをしてしまっています。

  • ・負けてもどんどんエントリーをする
  • ・負けたら金額をあげてエントリーをする
  • ・1日の最大損失の目安を決めていない
  • ・1回の最大掛け金を決めていない

該当する項目がある人は勝てない原因が資金管理にあります。

勝っている人は1回の最大掛け金以上でエントリーすることはなく、1日の最大損失に達したらそこでその日は取引をやめるのです。

資金管理ができていれば冷静な判断ができるので、負けているからと感情的になってさらに無駄な損失を増やすことがありません。

ハイローオーストラリアをする際の資金管理に関しては、こちらをご覧ください↓

ハイローオーストラリア資金管理術!あなたの予算で使っていい投資金はこれだけですバイナリーオプションをする時、資金管理なんてある程度できていればいいと思っている人も多いですがそれは間違いです! ハイローオースト...

情報収集を怠っている

ハイローオーストラリアでは世界各国の通貨ペアや銘柄を取引します。

世界の経済に関する情報や大きな出来事、要人発言などはこまめにチェックしていないと相場の動きについていけません。

情報収集をしていればここで大きな動きがありそうと予想できますよね!

空き時間を使うなどして普段から経済指標の発表や要人発言・世界の出来事の情報は集めておくことをおすすめします。

復習をしていない

取引が終わったらそのまま終了~!と終わらせている人は勝てない原因を自分で作ってしまっています。

勉強と同じでハイローオーストラリアも取引の復習は抜群に効果があります。

  • ①今日の取引で負けた・勝てた要因は?
  • ②今回の取引の勝率は?
  • ③どの手法で戦略を立てればよかったのか?
  • ④他に使える戦略があったのか?
  • ⑤トレードの良かった点や悪かった点は?

これらを走り書きや箇条書きなど簡単なメモ程度でもいいので、その日の結果や復習をまとめておくと勝率・スキルアップが狙えます。

しっかりテクニカル分析をしたのに負けたという日も出てきます。

でも取引の後にしっかり復習をしておくことで、状況に応じた分析方法の使い分けや相場の予想ができる力を身に着けることができるのです。

ハイローオーストラリアに復習なんてと侮ってはいけません!

ハイローオーストラリアで勝てない方の対処法3つ

勝てない場合の対処法

勝てない根本的な原因にあてはまっているからと、そこで諦めることはありません。

対処法で勝てない原因となっているポイントを改善すれば、今よりも勝率をアップさせることができる可能性がとても高くなっています。

テクニカル分析をする

ハイローオーストラリアは勘で取引をすればいつか勝てる!という感覚でいたら勝てないのは当然です。

FXと同じようにテクニカル分析をして根拠のあるhigh/lowでエントリーしてください。

利益を出すために必要になるのがMT4です。

ハイローオーストラリアのチャートは若干ズレがあるので、XMなどFX業者のMT4を使うことをおすすめします。

デモ口座を開設するだけでもMT4が使えるようになるので、すぐにでも使い始めることが可能です。

MT4が用意できたらチャートにインジケーターを表示させます。

初心者におすすめのインジケーター

移動平均線:トレンドを分析
MACD:トレンドの転換や反転を分析
RSI:売られすぎや買われすぎを分析
ボリンジャーバンド:過去の情報から価格変動幅を分析

たくさん種類があるインジケーターの中から組み合わせてチャートに表示させて、highなのかlowなのかを判断します。

一般的に使われることが多い組み合わせがこちらです。

  • 移動平均線+RSI
  • 移動平均線+MACD
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • MACD+RSI

自分がテクニカル分析が行いやすい組み合わせを選んでみてください。

ハイローオーストラリアで勝率が高く順調に利益をあげている人達は、テクニカル分析を行ってエントリーをしています。

何もせずに50%の確率に賭けてエントリーをするという勝てない根本的な原因に、真っ向から対応できる対策です。

分析をして戦略を立ててエントリーをしてみてください。

初心者の方向けの攻略法についてもまとめていますのでチェックしてみてください↓

ハイローオーストラリア初心者向け攻略法!3つの攻略法を覚えようハイローオーストラリアで初心者が利益を得るために必要なことは何でしょうか? それは、攻略法を覚えて実際に取引を始めることです。 ここ...

短期間勝負をしない

勝てない人はハイローオーストラリアを投資目的ではなく

  • ギャンブル感覚
  • くじびき感覚
  • 課金ゲーム感覚

でとらえてしまっているケースが多くなっています。
今少しでも心当たりがあった人は対策が必要です。

ハイローオーストラリアは基本的にチャンスは1日に2~5回程度しかありません。

それなのに30秒取引などの短時間取引に何度も挑戦し、短期間勝負をしていては勝てるはずがないのです。

勝つためには長期的な目で見て、利益を増やしていきます

また、毎日バラバラな時間帯でエントリーをするのではなく取引する通貨ペアなどが有利な時間帯に限定するのも効果的です。

分析を行いチャンスを見極めてエントリーをして勝率をあげましょう!

自分のルールを決める

資金管理ができていないと勝てないというところでも説明したように、資金管理はかなり重要な項目です。

そのためには自分の資金量に合わせてルールを決めておくことをおすすめします。

そして決めたルールは絶対に守り取引をすることで、強い精神力と冷静な判断力を身に着けることが可能です。

決めておきたい項目

・取引をする通貨ペア・銘柄と時間帯
・1日の最大取引回数と合計掛け金
・1回の最大掛け金
・1日の許容損失金額

回数や掛け金のルールで決めた数値を超えた時は、今日は勝てないと判断して取引をやめるのも戦略のひとつです。

次は勝てるとルールを破ってエントリーをすると、ポジポジ病に陥ってしまうリスクが高くなってしまいます。

精神的にも不安定で感情的な取引の原因にもなります。

資金管理をしっかり対策しておくことで、お金の管理も精神面の強化もできて一石二鳥です。

まとめ

ハイローオーストラリアは全体の30%程度の人しか、満足できる利益を手にしていないと言われています。

ということは、残り70%の人は負けているということです。

そんな中で勝ち組になりたいなら、分析・戦略・復習の3つに気を付けて取引をしてみてください

運や勘でエントリーをするよりは勝率をあげることができますよ。

highlow.com(ハイローオーストラリア)

ハイローオーストラリア

オススメ度
サポート
使いやすさ
信頼度
ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者の中で断トツでNO.1といえる業者です。口座開設者数も増え続けているのであなたも始めてみませんか?
当サイトから口座開設でサインツールをプレゼント

サインツールプレゼント
当サイトから口座開設をしていただいた方へサインツールを無料プレゼントしています。

サインツールが欲しい方は、口座開設前に一度こちらから問い合わせをお願いします。
問い合わせの際は、無料ツール希望と入力して問い合わせください。

お問合せをして無料でサインツールを受け取る>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です