ハイローオーストラリア攻略

ハイローオーストラリアをするなら経済指標を覚えて取引に活かそう

バイナリーオプションに限らず投資をするうえで欠かせない経済指標。
「経済指標発表直後は取引しない方がいい」とも言われるほど、経済指標は相場の値動きに大きな影響を与えます

ですが、単に経済指標といっても何があるのかよく分からないと思います。
経済に興味が無い人にとっては、なぜ値動きに影響を与えるのかもよく分からないですよね。

経済指標はハイローオーストラリアの取引にどのような影響を与えるのか。主要な指標も一緒に紹介します。

当ページで分かること

知っておきたい経済指標
経済指標発表時の取引について
通貨別で影響を及ぼす指標

経済指標はバイナリーオプションに影響する?

経済指標って何?

経済指標って何?

経済指標とは各国の経済状況を数値化したものです。

各国の雇用率や失業率を表す「雇用統計」や、国内で生産している総量を表す「国内総生産」など、様々な経済状況を分かりやすく数値でまとめています

一概にはいえませんが、数値が高いほど景気が良くなり、逆に数値が低くなると景気は悪いといえるでしょう。

経済指標を読み取ることで、「雇用率が少ないことで貧困者が増え、節約のために消費が減る」「国内総生産が多いことで商品が余り、物価が安くなる」など、経済状況からその後の動向を読み取ることもできます。

また、経済状況は貿易にも影響します。
円の価値が下がることで「円安ドル高」になるなど、投資家にとって経済指標は、取引をするかどうかの重要な目安となるのです。

経済指標を理解できるようになれば今後の相場の予想しやすくなります。

経済指標はハイローオーストラリアの取引にどんな影響を与える?

経済指標はどんな影響を与える?

経済指標は、相場の値動きに大きな影響を与えます

単純に景気が悪ければ経済が落ち込むため、通貨を手放しやすくなるのです。
逆に景気が良くなればもっと価値が上がるかもしれないと、通貨を購入しやすくなります。

多くの人達が同じような考えで取引すれば、トレンドができるほど為替レートは動きます。
それを見て「安くなったから購入しよう」とする逆張りの投資家も出始め、しばらくの間は値動きがとても荒れてしまうのです。

経済指標の発表は、そのままハイローオーストラリアの取引への影響につながるといえるでしょう。

経済指標によって変化を与える通貨ペアは違う

当然ですが、各国の経済状況が全ての投資に影響を与えるわけではありません
オランダの雇用統計が下がったからといって、オーストラリアと日本の経済状況に影響はあまりなく、豪ドルと日本円の通貨ペアへの値動きもそんなにないでしょう。

基本は、経済指標発表した各国が関係する取引だけが値動きが激しくなります

ただし、例外もあります。

アメリカやロンドンなど、影響力が大きい国の場合は他の取引に影響を与えることもあります。
理由は様々ですが、「補填を補うため別の通貨ペアも取引している」「国同士で経済のつながりが強く、別の国の経済状況にも影響を与える」などの理由から市場全体に影響を与えるのです。

全てチェックする必要はありませんが、影響力の強い大国であるアメリカ、主に取引している通貨ペアの国、世界3大市場のある日本・ニューヨーク・ロンドンの経済指標は確認しておくといいでしょう。

為替は特に指標の影響を受けやすいので重要指標は忘れずチェックしましょう。

経済指標発表時は取引した方が良いの?

経済発表時に取引した方がいい?

一般的に、経済指標が発表されてすぐの時間帯は「取引しない方が良い」といわれています

経済指標が発表された直後は取引が活発化され、値動きの予想が付きにくいからです。
トレンドができていても、すぐに逆転することも珍しくはありません。

状況によっては運任せになってしまうこともありえますので、値動きが落ち着くまでは取引をしないようにしてください。

ハイリターンな取引もできる

基本的にはおすすめできない取引時間ですが、例外としてスプレッド取引でならチャンスでもあります。

スプレッド取引はハイローオーストラリアでできる取引の一つで、設定したレンジ幅を超えて予想が当たると利益が出ます。
一般的なハイロー取引よりも、ペイアウト率が高く設定されているのですが、レンジ幅を超えるほどの値動きが必要なことから、より予想が難しい取引なのです。

ハイローオーストラリアのスプレッド取引に関しては、こちらをご覧下さい↓

ハイローオーストラリアのスプレッドとは?2種類のスプレッド取引を理解して取引してみようスプレッド取引は予想が難しい取引です。その代わりペイアウト率が高めに設定されている為稼ぎやすいとも言えます。ハイローオーストラリアのスプレッド取引について理解して取引してみて下さい。...

ですが、経済指標発表直後の荒れ方ならレンジ幅を超えることも多いです。
予想は難しいですが、ある意味狙い目といえるでしょう。

他にも、値動きの戻り値に合わせて取引する方法もあります。

値動きは常に一定の方向に傾くのではなく、いつかは止まり値動きは反転します。
反転しないとデフレやインフレが生じてしまいますので、それは当然といえるでしょう。値動きが止まったのを見計らって、逆張りをするのです。

ただ、値動きが止まったからといって必ずしも反転するとは限りません。
すぐに下落を再開する場合もありますので、少し様子を見てから逆張りすることをおすすめします。

ユーロは複数の国の経済指標が影響する

通貨には、価値を決める主な国があります。
円なら日本。ドルならアメリカ。人民元なら中国といったように、影響を与える国は決まっています。

ですが、 ユーロは欧州連合27か国のうち19か国で採用されている通貨であり、特定の国というものがありません。
そのため、一国の経済指標だけで予想は難しく、複数の国の経済指標から判断する必要があるのです。

ただ、欧州連合27か国は隣接しているため、各国で経済状況が大きく違うということは滅多にありません。
27か国すべての経済状況を気にする必要はなく、フィンランドやポルトガルのように離れている国をいくつか確認するだけでも問題はないでしょう。

ドル/円に影響が大きい主な経済指標

単に経済指標といってもその種類は色々あります。
雇用率、政策、市民から見た景気、生産量、消費割合、前年度との物価の違い、貿易状態など、様々な要因が指標化されているのです。
そんな数ある経済指標の中でも、特に影響が大きい指標があります。

ハイローオーストラリアのドル/円で取引する人に特に注目しておいてほしい指標です。
基本的には数値が高ければ景気がよく(ハイ寄り)、低ければ景気が悪い(ロー寄り)ということですので、参考にしてください。

雇用統計

雇用統計とは、就業率と失業率の割合を数値化したものです。
他にも、労働時間や平均給料、各分野の就業者数など、仕事に関する統計になります。

各国で雇用統計は発表されていますが、特にアメリカの雇用統計はとても重要です。
為替取引で経済指標といえば「米雇用統計」といわれるほど影響力があります

特に注目したいのは「非農業部門雇用者数」と「失業率」です。
失業者が多いということは国が傾き始めているということにほかならず、多くの人が株価を手放し暴落していきます。
逆に、失業者が少なければ経済が回っているということですので、将来を見越して購入する人が増えるわけです。

米雇用統計は毎月第1金曜日の22:30(サマータイムは21:30)に発表されますので、その時間帯は取引をしないようにしてください。

政策金利

政策金利とは、各国の中央銀行(国が運営する中核となる銀行)が各一般銀行(市中銀行)に融資する際の金利を表す数値です。
日本でいえば、「日銀金融政策決定会合」が該当するでしょう。

景気が良い時には金利を上げて経済を引き締め、逆に景気が悪い時には金利を下げて刺激します。

また、米長期金利の上げ下げも影響がある場合があります。

FXでは、金利の差によって利益が支払われるスワップポイントというのがあります。
金利状況によって支払いは大きく変化するため、FX投資者によって為替相場が荒れるのです。バイナリーオプションとは別ではありますが、同じ為替レートで取引しているため、無関係ではありません。

雇用統計と同じくらい重要な指標といえるでしょう。

国内総生産(GDP)

国内総生産(GDP)とは、一定期間内に国内で生産された総合価値のことです。
サービスなども含まれており、基本的には国全体の利益と思えばいいでしょう。

新しい商品やサービスが増えれば、国内総生産は増加し、経済成長率も上昇することで景気の向上に影響を与えます。

基本的には四半期ごと(3ヶ月ごと)に発表とされますが、「速報値 」「改定値 」「確定値 」を月ごとに発表しているため、実質毎月の発表といえるでしょう。

速報値が発表される、4月・7月・10月・1月は1サイクルが変わるタイミングであり、最も市場に影響を与えますので注意してください。

消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数とは、物価の水準を表す指標です。
国内総生産が量だとすると、消費者物価指数は商品の値段になります。

数値が高くなると物価も高くなり、売れることで儲かっているということです。
物価が高くても問題なく支払えるほど景気よく経済が回っているでしょう。

ちなみに、あまりにも高い場合はインフレの兆候です。物価が高すぎるため商品が買えず経済は落ち込んでいきます。
滅多にあることではありませんが、指数が急上昇するようなら注意してください。

景況感指数

景況感指数とは、消費者やアナリストに現在の景気をアンケートした調査指数のことです。
数値が大きければ裕福に感じている(景気がよい)ということであり、逆に数値が低ければ生活しにくい(景気が悪い)ということになります。

様々な業者や民間調査がありますが、アメリカの「ISM製造業景況指数」は気にしたほうがいいです。
アメリカでは、スマホや医療機器など最先端のモノづくりが行われており、全国に輸出され影響を与えています。

ISM製造業景況指数が悪いとその影響は全国にも影響を及ぼしますので、動向には注目した方がいいでしょう。

貿易収支

貿易収支とは、輸出入による利益のことです。
輸出額(売り)が輸入額(買い)よりも多ければ黒字、逆なら赤字になります。

日本が貿易黒字の場合は、円高・ドル安。
日本が貿易赤字の場合は、ドル高・円安になります。

一般的に、貿易黒字になると外貨が多くなり、日本円にする際、円高圧力が高まり、国内総生産へも影響を与えます。

特に、株価の下落が激しくなる「貿易赤字」は注目しておきたい項目です。

日本を含め、貿易が盛んな国ほど、注目したい経済指標といえるでしょう。

政治に興味がない人も経済指標は気にしよう

バイナリーオプションは経済の情勢がとても影響します。
景気が良くなれば価値が上がると予想して購入が増え、逆景気が悪ければ見切りをつけて売却されます。
俗っぽい言い方をするなら、勝ち馬には乗っかって沈む船と一緒に心中するつもりは無いということです。

予想はチャートから判断することはできますが、それだと急な値動きに対応することはできません。経済指標をチェックすることで、値動きを先に予想できるようになります。

始めはよく分からないかもしれませんが、経済指標と値動きを照らし合わせ、先読みができるようになりましょう。

highlow.com(ハイローオーストラリア)

ハイローオーストラリア

オススメ度
サポート
使いやすさ
信頼度
ハイローオーストラリアは海外バイナリーオプション業者の中で断トツでNO.1といえる業者です。口座開設者数も増え続けているのであなたも始めてみませんか?
当サイトから口座開設でサインツールをプレゼント

サインツールプレゼント
当サイトから口座開設をしていただいた方へサインツールを無料プレゼントしています。

サインツールが欲しい方は、口座開設前に一度こちらから問い合わせをお願いします。
問い合わせの際は、無料ツール希望と入力して問い合わせください。

お問合せをして無料でサインツールを受け取る>>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です