バイナリーオプション

バイナリーオプションとは?どのような投資なのか完全解説!仕組みを知ろう

「バイナリーオプション」という投資を知らない方もいるのではないでしょうか。

バイナリーオプションは、FXや株式投資と比べて、ルールがシンプルで始めやすい投資といえます。

とはいえ、仕組みや用語を知らずに安易に始めるのはかなり危険です。

そこで、本記事では「バイナリーオプション」とは一体どんな投資なのかを完全解説します。

バイナリーオプションとは?


では、バイナリーオプションについて学んでいきましょう。

”バイナリーオプション(英: binary option; BO)やデジタルオプション(英: digital option)は、オプション取引を元にした金融商品の一種である。
​​バイナリーオプション取引の「ハイ・ロー」も、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定する点は同じだが、「損益金額」は「値幅」によって変動することなく固定される。またレバレッジが無いので追証が無いのも特徴。よって、「最大損失額」を限定して取引できる。”

Wikipediaバイナリーオプションより引用

要は、判定時刻の時に、現在の価格より上がっているか・下がっているかを予測する投資ということです。

「予測が当たればお金が稼げて、予測が外れてお金が没収される。」

故に、投資ではなくただのギャンブルだという方も多いのが現状です。
FXや株式投資のような知名度がないので尚更。

確かに、「100」か「0」なのでギャンブルと思われがちですが、やり方によっては勝率を上げる方法もあるので投資であることに間違いありません。

バイナリーオプションの仕組み


では、バイナリーオプションの仕組みを説明していきます。

仕組みを説明していく上で、気をつけて欲しいことは、国内業者を使うか・海外業者を使うかで仕組みが大きく異なることです。

同じバイナリーオプションでも取引のルールや利益の仕組みが全く異なりますので、気をつけてください。

国内業者の仕組み


国内業者は法規制が厳しくなってしまったせいで取引ルールが変更されました。

基本的な仕組みは以下の通り。

  • STEP1
    「HIGH」か「LOW」加えて判定レートを指定する
    どちらにこれからチャートが動くか指定します。
  • STEP2
    予想が当たれば購入枚数 × 1,000円が払い戻し。
    選んだほうにチャートが動けば購入した枚数に応じて払い戻しが行われます。
  • STEP2
    予想が当たれば購入枚数 × 1,000円が払い戻し。
    予想が外れれば購入した枚数分は全額没収されます。

上がるか・下がるかだけではなく、判定レートを指定するのが国内業者の特徴

判定レートが、エントリー時のレートから近いほど購入金額や安く、遠くなるほど購入金ん額が高くなります。

方向だけではなく、判定レートも指定しなければならないので、海外業者と比べて取引の難易度は高めです。

海外業者の仕組み


海外業者の仕組みはかなりシンプルです。

基本的な仕組みは以下の通り。

  • STEP1
    「HIGH」か「LOW」でエントリーする
    これからレートが上がるか、下がるか予想します。
  • STEP2
    予想が当たればBET金額 × ペイアウト率が払い戻し
    選んだほうにチャートが動けばペイアウト率分のお金が返ってきます。
  • STEP2
    予想が外れたらBET金額が全額没収。
    予想が外れたら、投資したお金は全額損失になります。

海外業者は、国内業者のような判定レートを指定する必要はありません。

海外バイナリーオプションの取引は判定時刻の時に、エントリー時の価格よりも上がるか・下がるかを予想するだけです。

このシンプルな取引ルールが、海外業者が人気の理由の1つであることは間違いありません。

国内業者と海外業者の違い

前述した通り、同じバイナリーオプションでも国内業者か海外業者かどうかで、仕組みが全く異なります。

特に違う点は以下の3つです。

  • ・ペイアウト率
  • ・取引時間
  • ・対応通貨ペア

以上、3つの違いについて詳しく見ていきましょう。

ペイアウト率

ペイアウトの仕組みには大きな違いがあります。

  • 国内業者:変動制
  • 海外業者:固定制

海外業者の場合、ペイアウトが1.8倍〜2.0倍で固定されています。
どんなギリギリの勝利でも勝ちは勝ちです。

一方、国内業者の場合、取引の難易度によってペイアウトが変動します。
取引の難易度は値幅によって変わります。

エントリー時の価格に近い場合は難易度が低いのでペイアウトも低いですが、エントリー時の価格から遠い場合は難易度が高いのでペイアウトも高くなるのです。

取引時間

取引時間についても大きな違いがあります。

  • 国内業者:2時間以上の取引
  • 海外業者:30秒〜1日と幅広い取引時間に対応

バイナリーオプションといえば、30秒や1分という短い時間で勝敗がわかるところです。

しかし、短時間の取引はギャンブル性が高いと判断されて、国内業者では30秒・1分といった短時間での取引が禁止されました。

対応通貨ペア

これは業者によって大きく異なりますが、通貨ペアの数も大きく異なります。

  • 国内業者:5通貨ペア程度
  • 海外業者:15〜20通貨ペア程度

国内業者は日本国内の業者ということもあり、USD/JPY(ドル円)のように、「円」関係の通貨ペアがメインです。

一方、海外業者の場合、「円」関係の通貨ペアだけではなくたくさんの通貨ペアに対応しています。最近では、仮想通貨に対応している業者も増えました。

バイナリーオプションで使用する基礎用語


バイナリーオプションを始める際に覚えなければいけない用語がたくさんあります。

とはいえ、いきなり全ての用語を覚えるのは大変でしょう。

そこで、これからバイナリーオプションを始める人向けに、よく使用する基礎用語をまとめました。

  • ・MT4
  • ・インジケーター
  • ・逆張り・順張り
  • ・ペイアウト倍率
  • ・テクニカル分析
  • ・通貨ペア
  • ・経済指標
  • ・デモ取引

以上の8つの基礎用語について詳しくみていきましょう。

MT4

mt4とは

MT4とはMetaTrader4の略。
MetaQuotes社が開発したFXのプラットフォームです。

基本的にはFXでトレードする用のプラットフォームですが、バイナリーオプションのトレーダーにも多用されています。

チャート分析には必須になるので、MT4なしでバイナリーオプションで稼ぐというのは不可能でしょう。

全ての機能を無料で利用できますし、パソコンだけではなくスマホでも使用可能です。

今後、バイナリーオプションで稼いでいきたいのであればMT4のダウンロードは必須です。

ハイローオーストラリアでのMT4の使用方法!導入から設定まで解説バイナリーオプションでトレードしている方は取引する際に、しっかりMT4を見て分析をしていますか? 大半の方はMT4を見ることが当た...

インジケーター

値動きから相場の状況を把握して、数値化した指標。

チャート分析の際に、インジケーターを利用することで、現在の相場の状況を瞬時に把握できるのでかなり便利です。

インジケーターといっても目的ごとに種類が異なります。

  • ・トレンド系インジケーター
  • ・オシレーター系インジケーター
  • ・ビル・ウィリアムズ系インジケーター
  • ・ボリューム系インジケーター

この中で、バイナリーオプションでよく使われるインジケーターは、「トレンド系のインジケーター」と「オシレーター系のインジケーター」

とはいえ、全てのインジケーターを覚える必要はありません。自分が好きなインジケーターを見つけて、そのインジケーターについて詳しくなれば十分です。

逆張り・順張り

トレードのスタイル。

  • 逆張り:現在動いている方向とは逆方向にエントリーすること
  • 順張り:現在動いている方向に沿ってエントリーすること

主に逆張りを使って取引している人を、「逆張りトレーダー」、順張りを使って取引している人を「順張りトレーダー」とも言います。

一般的には、レンジ相場では逆張り、トレンド相場が順張りが向いていると言われています。
自分が得意なスタイルを見つけることが大切です。

ペイアウト倍率

取引で勝った時の払い戻しの倍率

バイナリーオプションでは、このペイアウト倍率で買った時の利益がわかります。

仮にペイアウトが1.90倍の取引で10,000円BETをして勝った場合、

1,000 × 1.90(倍) = 1,900円

1,900円が払い戻されて、そのうち、900円が利益となります。

海外業者の場合は、ペイアウト率が固定で高く設定されている傾向にあり、逆に、国内業者の場合は、ペイアウト率が変動制で低く設定されているのです。

ハイローオーストラリアのペイアウト率比較!他のバイナリーオプション業者のほうが高いのか?ハイローオーストラリアのペイアウト率はバイナリーオプション業界でもトップクラスに高いといえますが最近様々な新しい業者がどんどんでてきています。ペイアウト率は収益に大きく影響するため、実際に様々な業者と比較してどこが一番高いのか調べてみました。...

テクニカル分析

バイナリーオプションで取引の根拠となる分析方法の1つ。

チャートの形を見て分析する方法です。

ローソク足やインジケーター、各種ラインなどを用いて相場の方向性を予測していきます。

特に、バイナリーオプションではこのテクニカル分析が全てといっても過言ではありません。

勝率を上げるためには、このテクニカル分析がカギとなります。

通貨ペア

為替取引の対象となる2つ以上の通貨の組み合わせのこと

例えば、ドル円。USD/JPYなどと表記します。

これはアメリカの米ドル(USD)と日本の円(JPY)を組み合わせたものです。

2つの通貨が売買されることによって、上がったり・下がったりを繰り返します。

バイナリーオプションで取引する際は、基本的にこの通貨ペアを使用するので、必ず覚えておきましょう。

ハイローオーストラリアの通貨ペアは何を選べばいい?取引別におすすめの通貨ペアまとめ 「ハイローオーストラリアで取引を始めるときに通貨ペアはどれを選んで取引したらいいかわからない。」 こんな不安はありませ...

経済指標

各国の経済状況を物価や金利、景気などの要因を数値化したものを経済指標と言います。

毎日、世界中で経済指標が発表されています。

  • ・雇用統計
  • ・FOMC

この辺りが有名な経済指標ですね。

重要な経済指標や多くのトレーダーが注目している証でもあるので、為替相場に与える影響も大きくなります。

相場の値動きが激しくなるので、勝敗に値幅が必要になる取引方法であればチャンスです。

一方、レンジ取引やハイロー取引など、勝敗に値幅が全く関係ない取引においては、リスクが高いので、経済指標付近の時間で取引するのは控えた方が良いでしょう。

ハイローオーストラリアをするなら経済指標を覚えて取引に活かそうバイナリーオプションに限らず投資をするうえで欠かせない経済指標。 「経済指標発表直後は取引しない方がいい」とも言われるほど、経済指標は...

デモ取引

バイナリーオプション業者が提供する取引の体験版のようなもの。

架空のお金を使って模擬的に取引が体験できます。

自分のお金を使わずに、同じ環境で取引できるので、初心者の人やレベルアップのためにはかなり便利です。

もしお金がなくなってもアクセスし直せば何度でも使用することができます。

多くのバイナリーオプション業者が提供しているサービスなのでどんどん活用していきたいですね。

業者によってはデモ取引ができない場合があるので必ず確認するようにしましょう。

ハイローオーストラリアという海外業者はデモ取引の機能がありますので是非体験してみて下さい。

【重要】ハイローオーストラリアデモトレード(クイックデモ)でやり方と取引画面の使用方法をマスターしよう!ハイローオーストラリアのデモトレードのやり方をわかりやすく解説しています。無料で体験できるクイックデモはハイロードットコムの素晴らしい機能です。スマホとパソコンどちらも解説していますのであなたのデバイスで実際にデモ取引を行ってみてください。...

まとめ

今回は、「バイナリーオプション」という投資をご紹介しました。

バイナリーオプションはかなりシンプルなルールなので初心者でも始めやすい投資になります。

故に、ハイリスク・ハイリターンの投資と言われることがかなり多い印象です。

しかし、資金が少ない人や投資初心者はバイナリーオプションから始めることをおすすめします。

業者によっては、「デモ取引」という自分のお金を使わずに取引を体験できるサービスがありますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

バイナリーオプションのデモ取引を試してみる

無料口座開設はお済ですか?

ハイローオーストラリアを始めようか迷っている方は、とりあえず無料の口座開設をしてみましょう。

口座開設だけしておけばもしすぐ始めたいと思ったときにすぐに取引を始めることができますよ。

口座開設の流れはこちらにまとめています。

口座開設の流れハイロー公式ページ

※ハイローオーストラリアの口座開設は最短3分で終わりますので、すぐに開設する流れと本人確認の流れなど参考にしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です